Pocket
LINEで送る

今どきの結婚式に欠かせないもの…それはDIYということをご存知ですか?最近はおしゃれな結婚式が増えましたね。それは新郎新婦の手作り作品によるものが多いんです!実際に私も席札や席次表、ウェルカムボードにウェルカムタペストリーを作って飾りました。

母親世代では全てホテルにお任せというパターンが多かったようなので、友人だけでなく両親にもここまで自分で用意するのかと、とても驚かれました。

DIYと聞くとなんだか難しそうだなと思うかもしれませんが、実は簡単に結婚式の費用を節約できます!今回は結婚式で活躍する手作りアイテムと誰もが気になる節約術についてお話しします。

スポンサーリンク

ペーパーアイテムは1番費用を抑えられる!

ゲストの記念品にもなる招待状、席次表、席札

結婚式で欠かせないのが、招待状や席次表、席札と言ったペーパーアイテムです。式場に頼んで完全にお任せするパターンもあれば、キットを注文して印刷や封入作業は自宅でやるパターンもあります。前者はどうしても高くなるので後者を選ぶ人が増えてきていますが、紙も自分で購入して全部手作りするのももちろん可能です!

とにかくこだわりたい人には、結婚式で使えそうなグラフィティブックがたくさん販売されているのでパソコンでデザインから考えるのがおすすめです。そんな時間はないけどとにかく安く済ませたいという人には、無料のテンプレートサイトが強い味方です。「招待状 無料 テンプレート」と検索すればおしゃれなデザインがたくさん出てくるのでぜひお気に入りのデザインを選んでください。とても無料には見えないような仕上がりに感動するはずです。

席次表や席札も同様です。私は外注すると1部400円かかる席次表を手作りして1部100円ですませることができました。仮にゲストが50人だとすると15,000円の節約になるので決してばかにできないですよね。外注するとどうしても高くなってしまうので、ぜひあなただけのアイデアでオリジナルのペーパーアイテムを作ってみてくださいね。

ペーパーアイテム

ゲストブックは来場者の出席簿

芳名帳とも言いますが、受付で名前を書いてもらうこのゲストブックを結婚式アイテムを取り扱うショップで購入すると平気で3,000円以上します。

しかし、特に高級な材質を求めるわけではないのであれば、その10分の1の300円程ですませられます。私はオリジナルデザインのゲストブックをクラフト用紙に印刷して、100円ショップのバインダーに挟んだだけですが、とてもスタイリッシュなものを作ることができました。インターネットで検索すると無料テンプレートが配布されているサイトがあるので、手持ちの用紙に印刷するだけでできあがるためとても便利です。ぜひこちらも試してみてくださいね。

ゲストブック

指輪を引き立たせるリングピロー

こちらも挙式で欠かせない一品ですが、パンフレットに載っているような品物だと5,000円程したり、手作りキットを買って手間暇かけて作っても2,000円以上かかります。

しかし、100円ショップで材料を手に入れれば500円程でかわいいリングピローを作ることが可能です!こちらは私が作成したリングピローです。かご、ケース、フラワーペダル、モスグリーンやドライフラワーなど500円でこんなにおしゃれなものができました。

リングピロー

インスタ映えを目指すならフォトプロップスを!

こちらはもはや定番になりつつある写真映えアイテムですよね。ただ雑貨店で購入すると1本で100円もするものもあります。しかし厚紙とペーパーストローさえ100円ショップで用意すれば何本でもお安く作れます。

作り方は簡単です。インターネットで無料配布されているフォトプロップスの画像を探して厚紙に印刷。きれいに切り取ってペーパーストローにお持ちの接着剤やマスキングテープでくっつけるだけです。とてもお手軽にできますし、写真を撮るのがとても楽しくなるのでぜひ用意してみてください。

フォトプロップス

披露宴会場の顔=ウェルカムボード

ゲストを最初にお出迎えする大切なウェルカムボードですが、新郎新婦の名前が入っているだけでもものによっては1万円以上したりとやはりオーダー作品はお値段が高くなってしまいます。

前撮りの写真を特大サイズで印刷して飾るのももちろん素敵ですが、安さ重視ということであれば100ショップでそろうアイテムで簡単にできちゃいます。木の板を買って書きたい文字を絵具で書いて、木材を組み立てるだけで完成です。オシャレな上に短時間でできあがるので、ぜひ作ってみてくださいね。

ウェルカムボード

節約しながら手作りアイテムでおしゃれな飾り付けに

何かとお金が必要な結婚式だからこそ、節約できる部分は徹底的に費用を抑えたいものです。「ちりも積もれば山となる」という言葉のように、一見少しの節約にしかならないように見えても、ゲストの人数やアイテムの数で考えるとかなりの節約になります。

少しの手間と労力でこんなにかわいくてオシャレなアイテムが用意できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。