Pocket
LINEで送る

  • なんにもしたくない
  • やる気が出ない
  • 何もかもうまくいかない

あなたはグータラして過ごしたいと思う時がありませんか?そんな時は、グータラをおすすめします!

なぜ勧めるかというと…わたし自身が、グータラによる「やる気スイッチ」のオン・オフ切り換えに助けられてきたから。うまくいかない時は一度立ち止まって考えてみると、その後は嘘みたいに解決していくものなんです。

スポンサーリンク

あなたらしくなる為のグータラのすすめ

理由もなく、なんかうまくいかない。それは身体があなたに出しているSOSのサインかもしれません。そんな時に無理をして頑張っても、仕事でミスが続いたり、体調を崩して結果的に周囲に迷惑をかけてしまいます。

ここはひとつ、なんにも考えずにゆっくり身体を休めましょう。身体の疲れが取れると、不思議と心も元気になり、笑顔であなたらしい毎日を過ごすことができるようになります。

グータラして、私らしくもどるステップ

疲れとストレスが溜まってくると、些細なことでイライラしてしまい自己嫌悪に陥ったり、体調を崩したりするものですよね。結果、悪循環に陥りがちです。そういう自覚がある方におすすめの、グータラ活用方法をお伝えします。

ステップ1:家にこもる

せっかくの休日もったいないからと、疲れているのに無理をして予定を入れてしまったり、友人との約束をキャンセルしたくないからと頑張ってしまうことってありますよね。まず、それををやめてみましょう。何をするかも決めず、ただ家にこもる。これがグータラの第一歩です。

ステップ2:ゴロゴロする

朝はゆっくり起きて、ベットに横になったまま、ぼーっとしたり、ダイエットのことなど考えずに、好きなもの、食べたいものを思いっきり食べたり。好きな音楽を聴きながら、お気に入りの本を読んだり。この段階でのポイントは、SNSやテレビ、動画配信などからは、距離を保っておくということ。あくまで、これまで以前に自分の中にあったもの(好きな音楽、お気に入りの本など)と接触するだけ、新しい情報を入れずに自分の世界にこもることが大切です。

ステップ3:新しい情報を取り込もう

なんにもしたくないという気持ちが薄らいで、外のことが気になりだしたら、外との交信を始めてもいい頃です(笑)。なつかしい友人に連絡を取ってみたり、前から気になっていたドラマや映画などを一気に観たり。リラックスを心がけながら、新しい情報をインプットしていきましょう。

ステップ4:だんだん飽きてくる

個人差はあると思いますが、グータラ生活、飽きる時が出てきます。目安としては1~2日、早ければ数時間で、「もうグータラはこりごり!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

飽きてきたらしめたもの!グータラ生活で散らかった部屋を窓を開けて掃除するもよし、クローゼットの服でひとりファッションショーを楽しむもよし。もう着ないなと思った服は、一石二鳥、断舎利もやってしまいましょう。

ステップ5:ついにその時が!今こそ外に目を向けよう!

ぼーっとすることで身体は休まり、自然と日々の緊張とストレスからも解放されています。好きなことだけをしたおかげで、ゆっくり休息が取れ、リラックスもできています。さらには、家の中も、すっきりしました。そして今、あなたの心は、外に向いています。

久しぶりにおしゃれをしてお出かけをし、おいしいものを食べ、買い物をしては、カフェでひと休み。そんな時間を過ごしたいと思うようになっています。

さぁ、今こそ、外に出かけましょう!心の赴くまま、好きな場所へ出かけてみてください。風にそよぐ街路樹に青い空、お天気が悪くても、傘に響く雨音さえ、違ってきこえることでしょう。出会うものに新鮮な感動を覚えることでしょう。

結局、人はひとりでは生きられない。

ひとりでこもる時間を過ごしたことで、やっぱり外とつながっていたいと思ったり、人ってやっぱりいいものだなと感じることができたり。

グータラという言葉は、マイナスの響きに聞こえがちですが、実はとってもぜいたくで、自分に優しい時間の過ごし方だとわたしは思っています。「もうこれ以上頑張らないで」「これ以上、無理をして人に合せることはないよ」という心の声に従っているだけなんです。

罪悪感なんて、これっぽっちも必要ありません。心も身体もリフレッシュして、毎日を笑顔で、よりあなたらしく暮らせる一つの手段です。ぜひ一度、お試しくださいね。