Pocket
LINEで送る

結婚を意識し始める年齢になると、友人の結婚情報がやけに気になるようになりますよね。最近ではSNSで結婚報告をする人も増えているため、いつも更新しない子が久しぶりに更新したと思ったら結婚報告だった!なんてこともよくあります。まさかあの子がこんなに素敵な男性と結婚するなんて…と驚くことも。結婚を焦っていないとは言え、素敵な男性と結婚した友人は羨ましく思えるもの。中には、お祝い事なのになぜか素直に祝えないと思う人もいるのではないでしょうか。実は私も、素直に祝えない友人がいました。

今回は、友人の結婚を素直に祝えない時の対処法を、私の体験談をもとにお伝えします。

スポンサーリンク

私っていやな奴?素直に祝えないときの心境とは

友人のお祝い事なのに心から喜べないと、私っていやな奴だな…と思ってしまいますよね。特に女性は結婚に重きを置いてる人が多いので、自分の現状と比較して落ち込んだり、妬んでしまうことはよくあることだと思います。自分が婚活に励んでいたり、今の彼と結婚したいと思っているのになかなか話が進まない、なんて時は、より一層素直に祝えなくなってしまうものです。

悔しい思いをした、友人の結婚報告。

私が友人の結婚を素直に祝えなかったときは、自分の恋愛がうまくいっていないときでした。当時付き合っていた彼と結婚を考えていたので、料理教室に通ったり家事を工夫してみたり、自分なりに花嫁修業を頑張っていました。しかし、ある時の喧嘩をきっかけに関係が崩れ始め破局を迎えることに。そんな時、ふとSNSを開いたら、昔はパッとしない印象だった高校時代の友人が結婚報告の投稿をしていたのです。その友人は男性経験もほとんどなく、まさか私より早く結婚するとは思ってもいませんでした。正直、とても悔しかったです。しかし、そのまま悔しがっていても何も進まないと思い、悔しさをバネにもう一度自分を見つめ直し自分磨きに精を出しました。お陰で次の交際相手と結婚することができ、今では楽しい結婚生活を送っています。あの時あのタイミングで友人の結婚報告を見ていなかったら、今の生活はなかったかもしれません。

素直に祝えなくても大丈夫!そんな自分を認めて一歩前に進もう

結婚を考える年齢になり周りがどんどん結婚していくと、焦ってしまったり、こんなに自分磨きを頑張っているのに!なんであの子がイケメンと!?などいろいろな気持ちがこみ上げてきます。私もたくさんモヤモヤしました。しかし、モヤモヤした気持ちを隠そうとすると余計ストレスが溜まります。だったらいっそのこと「くそー!悔しい!私も絶対に幸せになるからね!とりあえずおめでとう!」と言葉に出してしまいましょう。そしてその悔しさをバネに、もっといい女になってしまいましょう。

結婚したからといって幸せになれるわけではありません。自分にとって幸せな結婚とは何か。これをきっかけに一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。自分らしい「結婚のかたち」を見つけて、誰よりも幸せな結婚生活が手に入れましょう。