Pocket
LINEで送る

恋愛は気軽にできても、いざ「結婚」となると身構えてしまう人がほとんどです。結婚して幸せな家庭を築いた人もいれば、ケンカが増えて夫婦関係が崩れてしまった人もいます。結婚生活がうまくいくかどうかは、お互いの結婚に対する価値観で変わってきます。しかし、結婚した人は誰でも決意したきっかけがあったはず…。女性が結婚を決意したきっかけと、結婚生活を失敗させないためのパートナーの見分け方をみていきましょう。

スポンサーリンク

絶対失敗したくない!気軽に結婚することで招く怖いケース

破局

大好きな彼と結婚ができたとしても、残念ながら必ず幸せになれるとは限りません。「結婚はゴールではなくスタートだ」という言葉があるように、結婚をゴールにしてしまうと夫婦関係がうまくいかなくなってしまうことも。気軽に結婚することで招く怖いケースを3つご紹介します。

ケース1.生活習慣が合わない

恋愛中は生活習慣が多少ズレていても気になりません。そして、「そんな所も大好き!」なんて思ったり。しかし、結婚して365日同じ屋根の下で暮らしていると状況は変わります。物の片付け方や朝の過ごし方など、些細なことがものすごく気になるようになります。生活習慣はその人の癖が影響しているので、注意してもなかなか直らず、次第に喧嘩が増え、夫婦関係が崩れていく原因になるのです。

ケース2.彼がマザコン

恋愛中に彼のお母さんの話がよく出てくる人は要注意。彼がマザコンの場合、結婚後もお義母さんの意見が尊重されやすくなります。あなたが「こうしたい!」と言っても、彼が聞く耳をもってくれないことも。姑との関係は結婚生活を左右する大事なポイントです。彼が仲介役をしてくれないのであれば、家族付き合いで苦戦するかもしれません。

ケース3.浮気される

最も怖いケースが浮気です。恋愛中は自分に尽くしてくれていたはずなのに、結婚したら他の女性の影が…なんてことも少なくありません。恋愛中は、盛り上がっていると周りが見えなくなります。結婚前に一度冷静になり、彼が自分と真剣に向き合ってくれているか観察してみましょう。

女性が結婚を決意したきっかけは!?私が結婚した理由

結婚に関する話題は良い話だけではなく、悪い話もたくさんあります。しかし、そんな話を耳にしていても結婚している人が沢山いるのも事実です。では、何をきっかけに結婚を決意したのでしょうか。女性が結婚したきっかけとその理由をご紹介します。

1.価値観が同じだったとき

物事に対する考え方が似ていたり、笑うポイントが同じだったりすると、話も弾み楽しい時間を過ごせますよね。相談事があった時も、納得するアドバイスがもらえると「この人なら信頼できる」と心から思うことができます。価値観が似ていることは、結婚後も同じ方向を向いて歩いて行くために最も大切なポイントです。

2.支えになってくれたとき

仕事のトラブルや風邪をひいたときなど、自分が辛い状況のときにそばにいて支えてくれる存在は心強いです。結婚後、家族の大黒柱として頼りにできる存在だと感じたときに結婚を決意できたようです。

3.ビビっときたとき

芸能人の結婚報道でもよく聞くビビっと婚。本当にあるの?と思いましたが、意外にもこの意見が一番多いようです。もちろん、お付き合いしていく中で「違った…」と思うこともありますが、出会った頃の直感は、案外間違いではないのかもしれません。

4.付き合う前から結婚を意識していた

次に付き合う人とは結婚をしたいと思い相手探しをする女性も多いようです。結婚を考えて相手の外見や性格を見ているので、お付き合い後はいつプロポーズされてもいい状態。トラブルがなく、彼が結婚を意識してくれれば、そのままゴールインとなります。

5.子供が欲しいと思ったとき

彼と家庭を築きたいと思ったり年齢的に出産を考えたりと、子供が欲しい理由はそれぞれですが、子供をきっかけに結婚を決意した女性もいます。もちろん、相手は誰でも言い訳ではなく、彼と今後も協力していきたいという気持ちがあってこその決断です。子供の話題を持ち掛けることで、彼に結婚を意識させるための手段にもなるかもしれません。

6.彼が遠くに転勤するとき

そのまま遠距離恋愛でもいいのですが、これをきっかけに結婚を決意し転勤先へついていく女性もいます。結婚の話は出ているものの今ひとつ踏み切れないカップルは、環境が変わるタイミングで決意するケースが多いようです。

7.経済的に余裕が出たとき

結婚すると何かとお金がかかります。子供ができるとさらに教育費がかかってきます。結婚するうえでお金の問題は大切。経済的にある程度の見通しがついたので結婚を決意したという女性も少なくないようです。

結婚相手にするならこんな人!見分けるポイントとは

ポイント1.価値観が同じ

結婚相手とは、生涯を共にするパートナーです。価値観が違う者同士が惹かれ合い結婚するケースもありますが、人生という長い道のりを同じ方向を向いて歩ける相手の方が、トラブルが起きても協力して乗り越えることができます。

ポイント2.居心地がいい

結婚すると24時間一緒に居る機会も多くなります。ずっと相手に気を遣い話し続けるのは疲れてしまいますよね。黙っていても、良い意味でお互いのことが気にならないような居心地がいい関係なら、夫婦生活も円満に過ごせるでしょう。

ポイント3.ありのままの自分を受け入れてくれる

誰でも人と接する時は、自分を強く見せてしまったり我慢してしまったり、何かを装ってしまうものです。自分の長所も短所も全てを受け入れてくれる人がいたら、その人はあなたにとって大切な存在になるでしょう。お互いが自然体でいられることは、夫婦生活が長続きする秘訣だと思います。

ポイント4.親友のような存在

夫婦は、隠し事がなく何でも話し合える関係が理想的です。男女の関係ではなく、仲の良い親友ような、素直に話せて励まし合える存在であることがとても大切です。

ポイント5.真剣に向き合ってくれる

人付き合いをする中で、自己中な人や相手を思いやれない人は案外たくさんいるのではないでしょうか。結婚後は楽しいことばかりではありません。むしろ、大変なことの方が多いかもしれません。どんな状況でもお互いのことを想って行動し合える仲でいるためには、あなたを受け入れようと真剣に向き合ってくれる姿勢が必要です。

そんな理想の相手はどこにいるの!?

こんな人がいたら・・・とは思いつつ、毎日の生活では会社と家の往復ばかり。新しい出会いが欲しいけどどうしたらいいのかわからない!という方はきっと多いはず。何か趣味を増やしてサークルや集まりに行ければいいのですが、そんな時間もなかなかつくれないという方は、こんな方法はいかがでしょうか?毎日の生活の中で、空いた時間に理想の相手を見つけることができるかもしれません。

ケータイ一つで新しい出会いを

with

with

参照:https://with.is/welcome

メンタリストDaigoが監修していることで有名なマッチングサービスアプリ。withは他のアプリにはない「性格診断イベント」があります。この「性格診断」から共通点が多い相手を探すことができたり、相手との「共通点の数」が表示されるのが特徴です。また、マッチングした際はサイトから「相手と盛り上がれそうな話題」を提案してくれるサービスもあり、会話を続けるのが苦手な方でも安心。登録者の中には前向きに婚活している人も多いため、結婚を前提にお付き合いすることも可能かもしれません。

Omiai

Omiai

参照:https://fb.omiai-jp.com/

facebook恋活アプリの老舗であるOmiaiは、2017年2月より女性は無料で使えるようになりました。facebookと連動しおり、facebookで一定数以上の友達がいないと登録できないのが特徴です。それが理由かはわかりませんが、男女ともにイケメン・美女が多い印象があります。年齢層も、女性は20代~30代、男性は30代が多くなっており、真剣に恋活・婚活をしている人が中心です。withのように共通点を見る仕組みはないですが、マッチング率も比較的高く口コミ評価も高いアプリです。

アプリでは不安!という方は…

パートナーエージェント

パートナーエージェント

参照:https://www.p-a.jp/index.html

こちらは仲人紹介型の結婚相談所。専任のカウンセラーが最適な相手を紹介してくれます。データからは伝わらない細かなニュアンスまで把握することができ、紹介後は結婚に繋がりやすいのが仲人型の特徴。

パートナーエージェントは、仲人型の大手他社に比べればサポート力が若干下がるものの、予算を抑えることが可能です。会員数は少なめですが、その分交際率は高め。予算を抑えつつアドバイスを受けながら婚活したい人におすすめです。

楽天オーネット

楽天オーネット

参照:https://onet.rakuten.co.jp/

楽天オーネットは会員数が多く出会いが豊富なのが特徴です。データマッチング型のためサポート重視の人には不向きかもしれませんが、自分のペースで活動しやすく、料金も大手他社に比べると比較的低予算で活動ができます。楽天が運営しているという安心感もあり、真剣に婚活をしている人から結婚を考え始めたという人も多く入会しています。婚活初心者でも利用しやすい結婚相談所と言えるでしょう。

結婚を失敗させないために…

結婚に対する意見をいくら聞いても、実際に結婚するといろんな出来事が起こるものです。結婚は、「ゴールではなくスタートだ」という言葉がぴったりだと思います。まずは、「何を目的で結婚したいのか」「相手とどんな家庭を築きたいのか」を明確にしましょう。そして、お互いの意見を共有することが大切です。

もし「何となく結婚したい」「仕事したくないから結婚したい」という安易な気持ちで結婚を考えているなら、それはやめた方がいいです。書類の手続きが意外と面倒ですし、何より時間がもったいないですからね。後悔しない結婚生活が送れるよう、「この人だから結婚したい!」と思える相手と出会えるといいですね。