Pocket
LINEで送る

皆さんは結婚に対してはどのようなイメージを持っていますか?結婚したいと思っている人は、少なからず前向きなイメージを持っている人が多いと思います。筆者も「結婚したら幸せになれる!」と信じていました。

しかし、実際は結婚しても三人に一人が離婚をしているというデータが出ていることをご存知でしょうか。実は、筆者もそのうちの一人です。今回は、実際に結婚・離婚・再婚を経験して分かった「人生のパートナーの見分け方」をお伝えします。

スポンサーリンク

「好き」だけじゃ上手くいかない!?

うまくいかない

私が経験して分かったことは、恋愛のパートナーと人生のパートナーは必ずしも同じではないということです。恋愛中は好きという気持ちだけでうまくいきます。しかし、結婚は同じようにはいきません。時間の使い方や家族との過ごし方など、以前は気にもならなかった小さなズレが、後々離婚へと繋がってしまいます。

では、人生のパートナーにはどのような人を選べばいいのでしょうか?

人生のパートナーに必要な同じ目的

それは、自分と同じ目的を持っているかどうかです。人生のパートナーとは、結婚してから死ぬまでの長い時間を共に歩んでいく人のこと。お互いが生きていくうえで同じ目的を持っていれば、たとえ大きなトラブルが起きても二人で協力し合い乗り越えることができます。しかし、目的が違ってしまうと、些細なことでも喧嘩になり、段々とすれ違い、関係が悪化して離婚を考えるようになるのです。

離婚後は思っていた以上に大変!

離婚をした後、もう一度結婚をやり直したいと婚活をしたのですが、これが思っていた以上に大変でした。筆者は子供がいなかったので自分の都合で動くことができましたが、やはりバツイチということに対してイメージはあまり良くありません。綺麗さっぱり離婚したとはいえ、元夫の存在が相手にとって疑心暗鬼になってしまうことも原因でした。

しかし、背伸びをしないありのままの自分で居続けるよう意識した結果、自分の過去も受け入れてくれる、同じ目的を持った素敵な男性と出会うことができました。

本当の人生のパートナーを見つけることができた!見分けるポイントとは

人混み

1.人生の目的が同じ

先程もお伝えした通り、これが一番大切なことです。お互いが同じ目的をもっていれば、多少の性格の不一致や考えの違いも気にならなくなります。何事も協力し合える関係でいられるでしょう。

2.ありのままの自分でいられる

この先長い時間を共にするパートナーです。背伸びしたり着飾った自分ではすぐに疲れてしまいます。自分の長所も短所も全てを見せることができる人でないと、生涯を共にすることはできません。

3.あなたを笑わせてくれる

あなたが落ち込んでいたりシリアスな状況でも、愉快な気持ちに切り替えてくれる相手なら、ケンカをしてもすぐに仲直りできるでしょう。たくさんおしゃべりをして笑いの絶えない関係は、人生を豊かにしてくれます。

4.相手を信頼出来る

相手の言うことに疑いをもったら最後、何もかもが信じられなくなります。嘘も方便という言葉があるように、嘘をついた方が相手を守れることもあるのです。相手を信じられるかどうかは、二人の関係を大きく左右します。

5.いい影響を与え合える

相手からマイナスな影響を受けるようでは一緒にいる意味がありません。二人で歩んでいくためにはお互いが成長し合える関係であることが大切です。

6.親友のような存在

人生のパートナーとは隠し事がなく何でも話し合える関係が理想的です。男女の関係ではなく、仲の良い友人ような、素直に話せて励まし合える存在であることが長続きする秘訣だと思います。

7.24時間一緒にいても疲れない

筆者の現夫は元々人と暮らすことができない人でした。しかし、今では24時間一緒にいても苦痛に感じることはないとのこと。本当の人生のパートナーとは、相手がいても自分の時間を過ごすことを許し合える関係なんだと思います。

8.相手の短所が気にならない

相手に短所や欠点があっても不思議と気になりません。もちろん腹が立つこともありますが、それはそれとして受け入れることができます。

9.叱られても嫌いにならない

もし、あなたが間違ったことをしてパートナーにひどく叱られることがあっても「叱ってくれてありがとう」と思えるくらい素直に受け入れることができます。

10.理解しようと努力してくれる

本当の人生のパートナーが見つかったとしても、元を辿れば赤の他人です。価値観が違うこともありますが、それを頑なに譲らないのでは、この先ずっとすれ違ったままです。分からないことも分かろうとしてくれる姿勢が、お互いの絆を深めていくのではないでしょうか。

結婚はゴールではなくスタートです

最初の1ページ

もし、今結婚を考えている相手がいるなら、ぜひ一度お互いの将来像を話し合ってみてください。すでに結婚されてる方も今からでも遅くはありません。どうしても分かり合えない場合は、離婚という選択肢もあります。しかし、離婚は結婚するよりも何倍も体力を使います。

結婚はゴールではありません。結婚は、二人で歩む人生のスタートです。パートナーと人生の目的を共有し協力しながら歩むことで、楽しく豊かな人生になるのではないでしょうか。そのために、まずは自分自身の「人生の目的」を見つけてみてください。