Pocket
LINEで送る

彼氏の浮気が発覚したら平静ではいられませんよね。私という恋人がいるのに許せないと激怒するのが普通です。けれどそこで感情の昂ぶるままに一方的に責めて、逆ギレした彼に面倒だから別れると言われてしまったら・・・?彼のことが好きだから別れるのはいや!という人もいるでしょう。でも我慢するしかないのは悔しい!そんな感情に共感する浮気経験者の女性も多いのではないでしょうか。

彼とはこれからも仲良くしていきたいけれど、傷つけられた代償はきちんと払ってもらいたいですよね。そこで今回は笑顔を装いつつ下せる、彼への復讐5つをご紹介します。

スポンサーリンク

浮気再発防止の極意とは

浮気がバレた後、彼はきっと「ごめん、悪かった」と反省するでしょう。だけどそれはしょせん口先だけのこと。また繰り返さないとは言えません。むしろ一度切り抜けられたからといって二度三度とつけあがる可能性もあります。こちらがいつだって許してくれる都合のいい女に成り下がらないためにも、彼にはダメージが必要!浮気はもう絶対しないと自ら改心させることが再発防止の極意です。

彼を改心させるための復讐はこうする!

復讐しようとする場面

ダメージといっても彼の携帯電話の連絡先を勝手に全部削除したり、浮気相手に嫌がらせをするなどの陰湿なことはしてはいけません。あくまでも今後も彼と良好な関係を続けていく前提でのお仕置きをすべきです。狙うは心理的ダメージ!彼に改心させるべく復讐する方法とは?

1.彼の友人や職場の同僚に相談する

浮気は本人の信頼度や評判を確実に下げます。彼が普段から仲良くしている友人や職場の同僚に「実は・・・」と深刻そうに相談し、とても辛く落ち込んだ様子を見せましょう。彼女が悩み、必死に堪えている姿は健気で、誰だって力になりたいと思うはず。以後は「あんな良い恋人がいるんだから大切にしろ」と周囲から牽制が入ることになります。もしも家族ぐるみで交際中の場合は、彼のママ・兄弟からお灸を据えてもらうのも効果的。周りから猛バッシングを受けた彼は自分の軽率さを恥じ、犯してしまった過ちを悔い改めることでしょう。

2.GPSをつける

バレないようにこっそりと、は後々揉める可能性があるのでNGです。この復讐のポイントは彼にきちんと許可を取るということ。浮気されて心配になっちゃったから、いつも不安でたまらないからスマホのGPS機能をつけてもいい?と聞く。当然自分にもつけていいよというスタンスでいきましょう。彼は反省した手前、OKと言わざる負えないはずです。常に自分の位置情報がばれているとやましい場所にも行きづらく、もう浮気はできませんね。

3.超高額の物を買わせる

どこに行くにもお金は必要ですよね。ということは、無ければ何もできないということです。浮気を許す代わりに買ってほしいな♡と小悪魔的に超高額商品をおねだりしちゃいましょう。手持ちが足りないならローンや分割払いにするのもひとつの手。ノーとは言えない彼はしばらくは節約生活を強いられ、行ける所も制限されます。当然他の女の子との逢瀬に費やす金銭的余裕はなくなるはず。また浮気などしたら今度は何を買わされるかわからない・・・と彼を戦々恐々とさせることが意識の改善に繋がります。

4.私が悪かったの、と逆に謝る

一切彼を責めることなく、私が悪かったのだと逆に謝りましょう。浮気されたのは悲しくて辛かったけれど自分にも反省すべき点はある。全てを水に流して今後も仲良くしていきたいことを伝え、必要以上に明るく振る舞うのです。そんな健気な彼女の姿を見た彼は罪悪感でいっぱいです。こんないい子を傷つけて、俺はなんてことをしてしまったんだと胸が苦しくなること間違いなし。今後は浮気はしないと心に誓うでしょう。

5.自分磨きに没頭する

彼のことで悩むのを止め、空いた時間を自分磨きにあてましょう。習い事、ジム、ダイエット、没頭できるものならなんでも構いません。浮気されてウジウジ泣いてばかりいるより、切り替えて前に進む女性のほうが遥かに賢く魅力的です。縋るどころか放っておかれ、輝く彼女を目の当たりにした彼は内心驚くはず。もしかしたら自分から離れていくのでは・・・他の男に取られるかもしれないと焦りを感じ、一時の過ちを猛烈に後悔することでしょう。今度は彼女を繋ぎとめる方に必死になるかもしれません。

復讐という名の制裁は怒らず、冷静に下す!

なにかをたくらむ女性

いかがでしたか。本来は誰しも復讐などしたくないもの。大好きな彼には浮気はせず一途に自分だけを愛してもらいたいですよね。

それでも、もしもということはあります。予期せず彼が目移りする時が来てしまったら、まずはぐっと怒りをこらえ、策を練りましょう。そして静かに行動を開始すべきです。にこやかに穏やかに復讐という名の制裁を加え、怒らない彼女はとても怖いのだと知らしめてやりましょう!